最高の睡眠とは?眠り始めの90分で決まる?睡眠の悩みがある方に見てほしい!【おすすめの本を紹介】

今回はスタンフォード式最高の睡眠というおすすめの本を紹介していきます。

睡眠の悩みがある方にとっておすすめの内容となっています。

みなさんぐっすりと朝まで眠ることはできていますか?
睡眠について考えたことがありますか?
この記事では睡眠について悩んでいる人に見ていただきたいです。
それでは早速記事にいきましょう。


私の睡眠についての悩み


私の睡眠の悩みですがしっかり寝たつもりでも、仕事中や、昼間は眠くなっていたりすることが多く日中のパフォーマンスが低下したりと悩んでいました。

まとめると

  • 平日の寝る時間はバラバラ
  • 基本1週間平均5時間睡眠
  • 土日に昼寝したり寝タメする
  • 就寝前に夜食、飲酒
  • 仕事から帰って眠い時は15分くらい寝る

こんな感じでした。

今考えるとしっかり睡眠について考えられていませんでした。

日中仕事中必ずと言っていいほどすごく眠いし頭も当然冴えていませんでした。

眠くなってはいけないときに眠くなってしまう。

なんでこんな毎日眠くなってしまうのだろうと毎日が続いて精神的にもきつかったですね。

睡眠について会社の方達や知り合いの方たちや友人の方にも、お話を聞いたりしてみると、意外と私と同じく寝れてない人がいたことに驚きました。

  • 夜何回も起きてしまう。
  • 昼寝したのに眠い
  • 休日いっぱい寝たはずなのに眠い

など、あげたらキリがないですが、、、。


みなさん、私と同じように睡眠についてそれぞれの悩みがあったり悩まされている人達がこんなにもいっぱいいるんだなと痛感しました。



スタンフォード式最高の睡眠を紹介

私と同じように睡眠について悩んでいる方って結構多いかと思います。

私の場合ですが本屋で睡眠の本はないかなと探していたところ“スタンフォード式最高の睡眠“に出会いました。


著者は世界最高峰の睡眠研究機関と呼ばれるスタンフォード大学睡眠研究所で長年研究を続けてきた西野精治さんです。

スタンフォード大学医学精神科教授です。

この本はNHKスペシャルで著者出演で話題になりました。

睡眠について研究しているので説得力があります。

憶測ではなくしっかりデータも残していたりと本の中身もとても面白かったです。


そして私はこの本を見て自分が考えていた睡眠は間違っている事にも気が付けました。

スタンフォード式最高の睡眠と出会わなければ日中は眠いままだったかもしれません。
この本を見て睡眠を改善できましたし感謝でいっぱいですね。
読み終わった後は睡眠についての知識がついたことも嬉しいです。


睡眠の質は眠り始めの90分できまる

今回の記事では内容を一部紹介していきますね。



この著者西野さんは眠りは最初の90分が重要だと書かれています。

その90分について印象的だったことをまとめてみました。



  • 最初の90分をしっかり深くねむることができれば最高の睡眠がとれるといっていい。
  • ノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返す。
  • 「最初のノンレム睡眠」をいかに深くするかということ。
  • 何時間寝ようが、最初の90分が崩れれば、残りも総崩れになってしまう。
  • 寝る時間も次第に固定できるようになり、黄金の90分もパターン化される。
  • パターン化されてしまえば、睡眠の質は確実に向上する。
  • 「最高の睡眠=量ではない」


こんなに90分を意識して睡眠を取るという事がなかったので衝撃的でした。



他にも色々な知識や眠る前のテクニックが書かれています。

  • 体温と脳に眠りスイッチがある
  • 体温と脳が最高の睡眠を生む
  • 入眠をパターン化する脳のスイッチ
  • 睡魔に打ち勝つスタンフォード式 アンチスリーピング メゾット
  • 世界のトップがやっている超一流の仮眠術


など為になる知識とすぐ実践できる内容になっています。

まず私はこれまでいっぱい寝れば疲れは取れると思っていましたし寝る時間もバラバラで大丈夫だと思っていました。



私がスタンフォード式最高の睡眠で学び良かったこと

  • この本を見て睡眠の知識がしっかりついたこと
  • 睡眠の最初の90分を意識する
  • 寝る前の行動を見直せた
  • 眠る時間、朝起きる時間などを一定にするなど
  • 眠くなった時に対応できるようになった


結果、今は仕事中に睡魔に襲われることもなく、体の調子がいい毎日を過ごせています。


睡眠はとても大事なんだなと本当に感じました。

私自身も最近では日中のパフォーマンスが良くなっています。

それでもたまに日中眠くなる時がありますが、対処方法も本に書かれているので、実技しています。

本の内容としては一般の方達にも読みやすく、睡眠についての最初の一冊にはちょうどいいと私は思いました。


テレビでも最近睡眠について取り上げられたり、睡眠は現代社会のテーマだと思います。

日中のパフォーマンスは睡眠が決めると言っても過言ではないので、ぜひ睡眠の質を上げたい方はぜひ読んでみてください。



最後に


睡眠は大切だなと感じています。

睡眠次第で日中のパフォーマンスが上がります。

勉強、仕事、スポーツでも同様です。

日本は世界に比べて睡眠の認識が低いと言われています。

睡眠についてしっかりとすることでより良い一日になるよう願っています。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。

少しでも皆様のお役に立てるように記事を発信していきます。

それではまた。