【次はいつ見れる?】2022年11月8日は皆既月食!方角・見れる時間帯・月が赤くなる理由は?

・皆既月食はいつ見れるの?
・方角や見れる時間帯が知りたい!
・なぜ月食はそもそも赤いの?
・皆既月食中に天王星食も見られるの?

このような疑問をお持ちの方におすすめの内容となっています。

このように皆既月食についての疑問をこの記事では解決していきたいと思います。

この記事を見て少しでも皆既月食や月に興味を持ってくれたら嬉しいです。

私も天体望遠鏡で皆既月食を観察する予定です。

それでは早速本題に行きましょう!

目次

皆既月食は2022年11月8日に見れる!

次の皆既月食ですが2022年に11月8日に見ることができます。

天気予報はまだわかりませんがまたわかり次第追記していきます。

2022年11月8日の皆既月食は世界的に見ると太平洋を挟んでアジアから北米地域で見ることができます。

その中でも日本は世界的に見ても最高の地域となっています。


今回は皆既月食中に天王星食も見れるという極めて稀な現象も起こります。

残念ながら目視で見る場合には天王星食を見ることは難しいと思われます。

この記事を見た方は事前に天体望遠鏡や双眼鏡を用意しておくと皆既月食中に天王星が潜入していくところを確認することができます。

ちなみに天王星食ですが各地域では見れる現象が異なってきます。東北地方や北海道では皆既後の部分月食中に潜入と出現しますが関東地方では皆既月食中に潜入と出現が起こります。このように日本でも地域によって変わります。

皆既月食、天王食の状況を把握したい方は是非、惑星アプリなどでチェックしてみましょう!

天王星月食を見ることができるラストチャンスとなります。是非この奇跡の出来事を見てください!

次回の月食中に天王星食が見られるのは2106年11月11日。2106年は南太平洋側の地域で見ることができます。日本では残念ながら見ることはできません。

皆既月食の方角は?

今回の皆既月食ですが東の空から月が昇ってきた月が欠けていき20時頃に食が最大になります。

部分食の始まりは18時9分頃で皆既食の始まりは19時17分頃、終わりは20時42分頃となっています。

皆既食が約1時間半も続くので晴れていれば日本全国でゆっくりと皆既月食を楽しむことができるでしょう。

月食とは?

この記事を見ている方でそもそも月食ってどんな現象なんだろう?という方もいるかと思います。

月食について誰でもわかるよう簡単に解説していきます。


月食とは太陽と地球と月が一直線に並び地球の影の中に月が侵入する現象です。

月が完全に地球の影に入った瞬間を「皆既」といいます。

月食が起こると満月がかけていき欠けた部分は赤黒い色に染まります。

月の輝きの変化や色合いを楽しむことができる天文現象。

ちなみに月は地球を約一か月で1周するので毎月見れるのではないか?という疑問をお持ちの方もいるかと思います。

残念ながら月食は毎月見れるわけではありません。
月食を毎月見ることができない理由は月の公転軌道が関係していて月の公転軌道は地球の軌道に対して約5.1度の角度となっているからです。月は北側と南側をすり抜けて公転しています。この公転軌道の角度のよって月食が見える国や地域が毎回違ってきます。

月食は全地球的には1年間で約2回ほど起きています。

月食は月が地平線上にあればどこからでも見ることができます。月食を観察できる地域は日食と比べても格段に広いのも特徴。

月が赤くなる理由

月食中になぜ月が赤くなるのか?その理由を解説していきます。

まず地球の影に入るにつれて月は真っ暗にならず赤みを帯びた色に染まります。その理由は地球には大気があるからです。そして太陽の光も重要な要素となっています。
この太陽の光は地球の大気を通過する際に散乱されにくい波長の長い赤い色だけ残ります。さらに大気の屈折により影の内側まで曲げられることにより月は赤く照らされるという現象が起きます。月食中の本影ですが天候や大気汚染によっても見え方が変わってくると言われています。

今回見る事ができるのは月が地球の本影の中に月全体がすっぽりと入っているので皆既月食となります。地球の本影ではなく半影のみ入る月食を半影月食といい月の一部分だけが本影に入り込む現象を部分月食といいます。


皆既月食 SNSでの口コミ

2022年11月8日の皆既月食を楽しみにしている方も多くいます!

それではSNSでの口コミを見ていきましょう!


皆既月食×惑星食というレアなケースに注目している方も多くいました。

当日の天気予報を心配する声もありました。

2022年11月8日は晴れる事を祈りましょう!

まとめ

2022年11月8日は皆既月食を是非見てみましょう!

今回の皆既月食は日本全国で見ることができます。

皆既月食 まとめ

  • 皆既月食は2022年11月8日に全国で見れる
  • 皆既月食中に天王星食も見ることができる
  • 今回の月食は太平洋を挟んでアジアから北米地域の人たちが見れる
  • 月食が赤いのは太陽の光と大気の屈折によるもの
  • 世界的には1年間に約2回ほど起きている

皆既月食、さらに皆既月食中に天王星食が見れるという非常にレアなケースです。

もし見ることができたら一生の宝物になるかと思います!

少しでも月に興味を持ってくれたら嬉しいです。

私も天体望遠鏡で皆既月食を観察する予定です。

それでは最後まで記事を見ていただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる