LIQUID PRESS(リキッドプレス)でブログをする人は3つの有料テーマがおすすめ

LIQUID PRESS(リキッドプレス)は豊富な種類の有料テーマがあるのが特徴です。

リキットプレスのテーマを使ってブログをする人やこれから使う方におすすめの3つテーマを紹介します。

この記事の信憑性ですが私自身リキットプレスユーザーです。
それでは早速行きましょう。

LIQUID PRESS(リキッドプレス)について

リキットプレスとはWordPress公式有料テーマです。

スマートフォン対応で直観的なカスタマイズが可能なテーマです。

リキッドプレスの特徴ですが

  • テーマの種類が豊富
  • 軽量で高品質なのに価格がとても安い
  • カスタマイズしやすい
  • レスポンシブデザインに対応している

別記事でも紹介していますので省略します。

こちらの記事で詳しく解説しています。

【WordPressテーマ】LIQUID PRESS(リキッドプレス)の評判・特徴をレビュー(INSIGHT使用)


どれだけリキッドプレス(LIQUID PRESS)が使われているかといいますと累計30,000ダウンロード突破しました。

累計30,000ダウンロード素晴らしいです。
おめでとうございます。


次は40,000ダウンロードを目指すとの事なので期待が高まります。

この勢いならどんどん伸びていくことが予想されます。


公式サイトはこちら➧WordPressテーマならLIQUID PRESS

LIQUID PRESS(リキッドプレス)でブログをする人は3つの有料テーマがおすすめ

LIQUID PRESS(リキッドプレス)でブログをする方・始める方は3つのテーマがおすすめです。

私がおすすめする3つのテーマはこちらです。

  • MAGAZINE(マガジン)
  • INSIGHT(インサイト)
  • SMART(スマート)

LIQUID PRESS(リキッドプレス)はテーマが豊富なので迷ってしまう方が多いかと思います。

なので私がブログにおすすめな3つの有料テーマを絞って紹介したいと思います。

紹介する3つのテーマはシンプルで簡単にお洒落なサイトを作るのに適しています。

有料テーマのいいところは簡単に誰でもブログが簡単にできることです。

今回オススメする理由の一つですがコンテンツ分析ツールBという独自の機能がついています。

このコンテンツ分析ツールBというのがとても役に立ちます。
実際私もキーワードがどれだけ入っているか見て記事を訂正する際に使ったりしています。

例えば記事の文字数など見たりキーワード分析などをすることができます。

これが何が重要なのかといいますと文字数・共起語・キーワードとなる言葉などは上位に記事が表示される上で重要です。

また検索エンジン(Google アルゴリズム)は文字数が多い記事は文字が少ない記事よりも評価を得やすいと言われています。

当ブログも文字数は3000文字以上書くように意識しています。

キーワードもある程度文章中に入っていると検索クローラ―が見つけやすいと言われています。

もちろん文字を増やすだけやキーワードを単純に入れればいいというわけではないのですが、、、。記事を書く上で大切な事は色々とあります。

他にもコンテンツ分析Bツールは機能がたくさんありますので公式サイトより確認できます。

公式サイトはこちら➧WordPressテーマならLIQUID PRESS


MAGAZINE(マガジン)

テーマ名MAGAZINE
価格8,900円
仕様HTML5、CSS3、Bootstrap4
ライセンスWordPress公式有料サポートテーマ
GPL(商用利用可、著作権表示削除可、設置数等制限なし)
サポート導入サポート(メール対応/30日間)


まず一つ目はMAGAZINEというテーマです。

メディア運営のために生まれたテーマです。

集客やサイト内に長く滞在させる仕組みが満載のテーマです。

LIQUID PRESS(リキッドプレス)でブログ運営をする方は迷ったらこのテーマがおすすめです。

とても優秀なテーマですが価格も1万円以下です。

LIQUID PRESS(リキッドプレス)でブログを始めたくて困っている方はこちらのマガジンがオススメです。


デモサイトなど公式ページより確認できますので気になる方はチェックしてみてください。

公式サイトはこちら➧WordPressテーマならLIQUID PRESS

INSIGHT(インサイト)

テーマ名INSIGHT
価格8,900円
仕様HTML5、CSS3、Bootstrap4
ライセンスWordPress公式有料サポートテーマ
GPL(商用利用可、著作権表示削除可、設置数等制限なし)
サポート導入サポート(メール対応/30日間)


2つ目はINSIGHTというテーマです。

こちらはスタイリッシュでシンプルな見た目にしたい人はおすすめです。

こちらもブログ用テーマです。

無限スクロールという機能が標準でついています。

有名なところですとTwitterなどで使われている機能です。

例えば新着記事を投稿しますと無限に下にスクロールできます。
ブログに訪れた方のユーザーの離脱を防ぐ効果があると言われています。

公式ページよりデモサイトを確認できますので気になる方はチェックしてみてください。

公式サイトはこちら➧WordPressテーマならLIQUID PRESS

SMART(スマート)

テーマ名SMART
価格7,900円
仕様HTML5、CSS3、Bootstrap4
ライセンスWordPress公式有料サポートテーマ
GPL(商用利用可、著作権表示削除可、設置数等制限なし)
サポート導入サポート(メール対応/30日間)

3つ目はSMARTというテーマです。

こちらはトレンドなどを配信する方にピッタリです。

シンプルに新着記事を載せていきたい方はオススメです。

グリッドは1~4まで対応しています。

カスタマイズも誰でも簡単にできます。

SMARTは7900円と金額もとても安いです。
少しでも金額を抑えたいという方はオススメです。

公式サイトよりデモページを確認できますので気になる方はチェックしてみてください。

公式サイトはこちら➧WordPressテーマならLIQUID PRESS

LIQID PRESS おすすめできない人

  • シンプルなサイトにしたくない
  • 可愛いサイトにしたい
  • 金額1万円以上のテーマを探している
  • グリットスタイルが苦手


私が使った経験から言いますとシンプルでスタイリッシュなサイトにしたい方にはオススメできます。

しかし可愛いサイトにしたいという方は正直向いていないと思います。

逆にブログ運営をする上でシンプルでスタイリッシュにしたい方はオススメです。

LIQID PRESS おすすめしたい人

  • 1万円以下の有料テーマを探している
  • シンプルでスタイリッシュなテーマを探している
  • 軽量なテーマを探している
  • カスタマイズが苦手

1万円以下の有料テーマで高機能なテーマを探している方にオススメです。

まとめ

私自身LIQID PRESS(リキッドプレス)を使用して9ヶ月が経過しました。

今のところバグもなく順調にブログ運営を続けられています。

私の感想ですが記事も上位に表示されていますし優秀なテーマという印象です。

他にもLIQID PRESS(リキッドプレス)でブログ運営をする方の役立てるよう当ブログでLIQID PRESSについて他にも記事を書いていきたいと思います。

それではまた。